時間外労働助成金関連

勤務間インターバル制度とは、勤務終了から次の勤務の開始時間まで一定の休息期間を設けるという制度です。従業員のライフワークバランスの改善はもちろん、その導入に取り組む中小企業には時間外労働改善助成金が支給されることからも注目を集めています。今回は、制度の概要と助成内容、助成を受ける方法について詳しく解説していきます。

勤務間インターバル制度を導入して助成金を取得しましょう!

勤務間インターバル制度とは、勤務終了から次の勤務の開始時間まで一定の休息期間を設けるという制度です。従業員のライフワークバランスの改善はもちろん、その導入に取り組む中小企業には時間外労働改善助成金が支給されることからも注目を集めています。今回は、制度の概要と助成内容、助成を受ける方法について詳しく解説します。

勤務間インターバル制度の概要

勤務間インターバル制度とは、勤務終了時間から次の勤務開始時間までの間に、一定の連続的な休息時間を確保するというものです。一定の休息時間は、9時間以上が望ましいとされています。

たとえば企業が勤務間インターバルを11時間に設定したとしましょう。従業員が23時まで勤務をした場合、翌日の勤務は10時以降でなくては開始することができません。そうすることで、慢性的な長時間労働と残業による従業員の睡眠不足や、家に帰れない状態などを防止することができ、健康状態の改善やクオリティオブライフの向上にも効果があるとされています。また企業にとっても、勤務間インターバル制度の導入によって、社員を大切にするという自社の姿勢を従業員や外部へアピールできるというメリットがあります。

ここでは、厚労省が公募している時間外労働助成金の獲得に向けた情報公開をしています。お役に立てれば幸いです。

以下から資料を以下画像をクリックするとガイドブックは閲覧できますので、ご活用ください。なお、大まかですが業種別にテンプレ―トもご用意していますのでご用命の方は、お問合せからお申し込みフォームにてご用命ください。

PAGE TOP